お知らせ

 


カウンター

あなたは2567870人目です。

オンライン状況

オンラインユーザー 8人
ログインユーザー 0人

リンクリスト

日誌

■電気情報工学科のできごと
 123|
作成日2017/05/15タイトル公開講座「電子回路を作って健康診断をしよう!」
を開催しました.画像
by: inoue|今日の出来事
平成29年5月12日(金)、福知山市立川口中学校の1年生27名が舞鶴工業高等専門学校を来訪し、電気情報工学科公開講座「電子回路を作って健康診断をしよう!」を受講しました。

今回の公開講座では、テレビなどのリモコンで利用されている赤外光を用いて脈拍測定ができることを学習し、それを用いた電子回路の作製を行いました。電子工作では、基板となるブレッドボードの上に、フォトセンサやオペアンプなど複数の部品を配置するのですが、全ての電子部品を正しく繋がなければなりません。少し苦労したところもありますが、全員が脈拍を測定できる回路が完成しました。

公開講座終了時には「楽しかった」との声もあり、「舞鶴高専のことがよくわかった」や「今度はプログラミングをしてみたい」等の感想を頂きました。

今回の公開講座をきっかけに、科学や工学に興味を持ってもらえればと思います。

 
作成日2016/12/10タイトル公開講座「フルカラーLEDで七色に光るクリスマス
ツリーを作ろう!!」を開催しました画像
by: hide|今日の出来事
12月10日(土曜日)に,公開講座「フルカラーLEDで七色に光るクリスマスツリーを作ろう!!」を電子情報通信学会関西支部との共同主催のもと実施しました.
小学4年生の児童から中学3年生の生徒までの21名を対象として,クリスマスツリーを作るために,アクリル板を加工したり,LED制御回路を製作したりし,モノづくりの楽しさを体験していただきました.
公開講座の終わりに,各自で作成したオリジナルのクリスマスツリーを鑑賞しました.
2 
プロ 全体
作成日2016/12/01タイトル東舞鶴駅イルミネーションの点灯式を行いました画像by: hide
12月1日(木)、舞鶴市役所の職員、舞鶴高専の教職員、学生の見守る中、 JR東舞鶴駅前広場のイルミネーション点灯式を行いました。
本科3年生の学生が電気情報工学実験兇砲得什遏設置したイルミネーションです。
本科4年生の前期科目の創造工学で開発したイルミネーション技術を基盤として、3年生が企画の検討から制御回路及びプログラムの作製を学生達自ら行い、完成させました。
12月1日(木)〜2月28日(火)の夜間(17時〜24時)に点灯しております。
今年度は、無線LANの技術を用い,イルミネーション全体が統一あるものとなっています。ぜひ、足を止めてご覧になってください。またゲームの点数によりイルミネーションの点灯が変化する展示もありますので,体験頂けると幸いです。

2
作成日2016/11/30タイトル工場見学を行いました.画像by: inoue|今日の出来事
「工学基礎(1年生全学科)」の授業では,毎年,工場見学を行っております.今回は,電気情報工学科1年生は,日東精工株式会社八田工場,および,城山工場を訪問させていただきました.

本校の卒業生を含め,担当の方々に,工場内を案内していただき,1年生の質問にも回答していただきました. また,本校の卒業生から,学生時代,そして,社会人として経験されたことを詳しく話していただきました.

日東精工株式会社八田工場,および,城山工場の担当者の皆様に,この場を借りて,お礼申し上げます.

 
 
作成日2016/11/28タイトル京都市立桂中学校で出前授業を実施しました。画像by: inoue|今日の出来事
京都市立桂中学校の「高校出前授業」に、本校から電気情報工学科と電子制御工学科が参加し、出前授業を行いました。はじめに、パワーポイントで本校の紹介と体験学習の内容を簡単に説明し、二班に別れた後、交互に各学科の体験をしてもらいました。

電気情報工学科では、学生が作成したアプリをiPadを用いて体験してもらいました。アプリは写真を撮影し、写真のRGBの色彩を調整できるようになっており、光の三原色を学習できるものです。

電子制御工学科では、4年・創造設計プロジェクトで学生が製作したロボットやLEGOを用いたロボットの操作体験をしてもらいました。各ロボットにオリジナリティがあり、操作プログラムの違いなどにより、コントローラの形状まで異なっています。

何れの学科でも、学生が作ったものを通じて、自作できるようになるという実感やものづくりの楽しさを経験してもらうことができたのではないかと思います。

 
 123|
当学科のホームページでは
移動機能

当学科のホームページでは

メールアドレスを取得する巡回ロボット対策のため,@maizuru-ct.ac.jpを省略しています。
お手数ですがメール送信の際に
E-Mailアドレスの後に”@maizuru-ct.ac.jp”を追加してください。